ノンワイヤーブラは垂れる?垂れる原因と予防をご紹介

ノンワイヤーブラ,垂れる 美容その他

近頃、テレビCM、インターネット広告やメディアで特集されますます人気が高くなってきたノンワイヤーブラですが、同時に「バストが垂れるのでは?」という不安もされていますね。改めてノンワイヤーブラの特徴、垂れる原因についてご紹介していきます。

ノンワイヤーブラとは

ノンワイヤーブラを試した事があるという女性は多いのではないでしょうか?

ユニクロやGUなど、ファストファッションブランドからも発売され、話題にもなっていますね。

通常ブラジャーとは異なり、アンダーバストやカップの部分にワイヤーが入っていないものを、ノンワイヤーブラ(またはソフトブラ)と呼びます。

ブラジャーは1日中肌に身に着けておくもの。

長時間の使用によりワイヤーの痕が残ってしまったり、痛みを感じる方も居ますが、ノンワイヤーブラは、ワイヤーが入っていない事で疲れや痛みを感じず着心地が良いのも特徴です。

ノンワイヤーブラはなぜ垂れる?

ノンワイヤーブラを長期間使う事で、バストが垂れるという話を聞いた事はありませんか?

バストが垂れる原因はノンワイヤーブラではなく、別の理由があるのです。

  • 激しい運動により、バストを支えるクーパー靭帯が伸びる
  • ノーブラやブラトップで過ごす事で、バストの重みで靭帯が伸びる
  • ノーブラやブラトップで寝ると、背中や脇にお肉が流れてしまう

つまり、バストの支えが無い状態で過ごす事で、重みで靭帯に負荷がかかってしまう事が、垂れる原因なのです。

ノンワイヤーブラを使う事が、バストが垂れる直接の原因では無いので安心してくださいね。

ノンワイヤーブラの正しく選び、バストが垂れるのを防ぐ

自分のサイズに合わせたブラを

ノンワイヤーブラは、通常のブラと異なり、アンダーバストサイズ・カップが細かく決められていない事が多いです。

多くのノンワイヤーブラは、S~Lサイズという形で3~4段階で分かれている為、通常のブラジャーと比べるとサイズが曖昧ですね。

自分のサイズより極端に小さいものだとバストが押しつぶされてしまったり、逆に大きすぎるときちんとバストを支えられません。

試着が出来る場合はキチンと試着をし、通販サイト等ではサイズ表を確認し、適切なサイズのノンワイヤーブラを身につけましょう。

激しい運動はNG

スポーツブラはしっかりとバストを固定しますが、ノンワイヤーブラはバストの締め付けが緩いのが特徴です。

そのため、ジョギングやジャンプ、ちょっとした駆け足でも、バストが揺れるような運動は絶対NG

バストを支えるクーパー靭帯は一度伸びてしまうと、もとに戻らないと言われています。

走ったりする可能性がある場合は、ノンワイヤーブラの使用は控えましょう。

キチンと支えのあるノンワイヤーブラを

徐々に普及してきているノンワイヤーブラですが、安価なものから高価なものまで様々。安い商品の中には、バストをきちんと支えなれないような作りの商品もあります

しっかりホールドしてくれる作りのノンワイヤーブラを購入してくださいね。

用途にあったブラを選びましょう

ノンワイヤーブラと言っても、用途により様々なタイプがあります。

  • ナイトブラ
  • 育乳ブラ
  • スポーツブラ

これらのタイプもノンワイヤーですが、用途がピンポイントな分、ブラの作りも全然違ってきます。育乳をしたいのに、普通のノンワイヤーブラを使っても効果は出ませんよね。

使用用途に合ったノンワイヤーブラを購入しましょう。

ノンワイヤーブラで快適に過ごしましょう

巣ごもり生活が続いている中で、更にノンワイヤーブラの需要は高まっています。

私も外出しない日はほとんどノンワイヤーブラで過ごしており、本当に疲れや痛みを感じる事が無くなりました。

正しく使用すればバストが垂れる心配も無いので、この快適さを味わってみてはいかがでしょうか??

関連記事:【ノンワイヤーブラ】使い続けても垂れなかった!コスパ最高のDo Moreナイトブラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました