眉毛を伸ばしている間、どうしてる?サロンに行くまでの悩み

眉毛,伸ばし方 美容ネタ

眉毛サロンに興味はあるけどなかなか踏み出せない方が多いのではないでしょうか?その理由としては、やはり

  • 2週間程度眉毛をお手入れできない

という点が大きいですよね。

私自身、前髪を作っていないので眉毛丸出し状態なのですが、2週間以上の放置は大変苦労しました。。

今回は、眉毛サロンに行きたいけど眉毛をお手入れしないなんて無理!という方に向けて、ちょっとしてアイデアをご紹介したいと思います。

眉毛サロンに行くための準備期間

眉毛サロンでは、カウンセリングをしつつ自分の骨格に合う形に眉毛を整えてもらいます。

その時に自眉を使って形をワックスなどで整えて貰う事で、サロンの施術後しばらくは最低限のお手入れのみでもキレイな眉がキープできますし、朝のメイク時間の短縮にも繋がります。

関連記事
>>初めての眉毛サロン体験記レビュー

そこで欠かせないのが「自眉をはやすこと」。

剃ったり抜いたりした状態でサロンに通ってしまうと、キレイにワックス処理等ができず、せっかく通ったのに直ぐに毛が生えてきてしまう…という事になりかねません。

ただし、お仕事などで日頃からきちんと整えておかないといけない方も多いためか、サロンによっては「なるべく自眉を生やした状態で」と期間を制限していない所も見受けられました。

ホットペッパービューティー

2週間お手入れしないとどうなる?

私の場合、ちょうど在宅ワーク期間だったこともあり2週間どころではなく1か月近く放置したのですが、参考までに写真を御覧ください。

ちょっと…これでは外には出られないレベルです。

おそらく2週間お手入れ期間が無いと、皆さんも普段剃ったり抜いたりしている箇所から毛が生えてきて、私のようなワイルド眉毛になる可能性が高いです(笑)

2週間の準備期間を乗り越える方法

せっかく通うなら、少しでも多く生やした状態でサロンに行きたいですよね。私も現在はオフィスワークなので以前のように生やしっぱなしにはできません。

そのため、少しでも悩みを解消できるように今のうちからメイクでごまかせないかと試行錯誤し、ようやく多少なりともボサボサ眉毛を隠せる状態になったので、その方法をご紹介したいと思います。

あくまで私が納得しているレベルなので、完璧を求めている方は満足できないかもしれませんが、ご了承ください><

ボサボサ眉毛隠しに必要な道具

通常の眉メイクに使用するペンシル・パウダーとは別に、以下のアイテムを用意しておくと隠すときにやりやすいです。

眉隠しに使っているアイテム
  • リキッドタイプのコンシーラー
  • 100均の眉毛コーム
  • 眉毛マスカラ
  • 100均の眉毛テンプレート

コンシーラー

色々なテクスチャーがありますが、私が一番使いやすかったのがリキッドタイプです。普段シミやくすみを隠すためには暗めの色やオレンジっぽい色を選びがちですが、眉毛を目立たなくさせるには肌に近い色味が良かったです。

私が使っているのはNARSのリキッドタイプコンシーラー。たまたま昔購入していただけですので、眉毛隠しのために購入する場合はプチプラのアイテムで十分じゃないかなと思います。韓国コスメのザセム コンシーラーは、1,000円以下で購入できる上にカラーも豊富なのできっと自分に合う色味をチョイスできるはず。

眉毛コーム

100均で購入しました

コンシーラーが肌につかないようにガードするために使います。ですので、手持ちのコームが高価なものの場合は、汚れてもいいものを購入しておくと良いと思います。100円ショップにもありますよ^^

眉毛マスカラ

眉毛全体のトーンを明るくするため、そして眉毛の流れを整えるために使用します。この準備期間は少しでも眉毛の存在感を隠す事がポイント。

私が普段使っている眉マスカラもレビューしています
>>ヘビーローテーションの眉マスカラについて詳しく見てみる

眉毛テンプレート

クリアファイルをカットしています

正直言うと、コツをつかめば無くても大丈夫ですが、肌に塗ってしまいがちな方にはオススメのアイテム。

私はクリアファイルを小さくカットして代用していますが、眉毛テンプレートは100均などでも購入できるきれいに形を整えるためのデザインシートです。ただし、本来の使い方ではなく、コームと同様にコンシーラーを乗せる際に周りの肌に付かないような保護シートとして使用します。

\市販で売られている眉毛テンプレートはこちら/


それでは、順番に手順をご紹介します。

ボサボサ眉毛隠しを実践

現在、2週間弱お手入れを放置しています。

まずは通常の眉メイクを

いきなりコンシーラーで隠すのではなく、まずは普段通りの眉メイクをしていきます。私の場合は、ペンシルで輪郭を描き、パウダーで足りないところを足していきます。

この時に、まだ眉マスカラは使いません

右眉は割とキレイ目ですが、それでもはみ出た毛がチラホラと…

コンシーラーでポツポツ眉毛隠し

コンシーラーではみ出たところを隠していきます。

1.ポツポツ眉の隠し方

ここは純粋に、コンシーラーをできる限り薄く肌に乗せて指でなじませていきます。スポンジを使ってしまうと、リキッドがスポンジに染み込むのであまりオススメしません。

あまり塗りすぎるとコンシーラーがギトギトと浮いてきて、逆に目立ってしまうので要注意です。

2.長い毛の隠し方

長い毛はコームで毛の流れに逆らうようにして持ち上げます。そこにコームごとコンシーラーをぬりぬり。

意外ときれいにリキッドが付着し、遠目で見ると毛が目立たなくなります。

3.細かく短い毛を隠し方

まず、コンシーラーのチップにリキッドが付きすぎないように、容器のフチでできる限り落としておいてください。

テンプレートを片手に持ち、隠したい毛の近くにセット。

チップを肌につけないように、軽く軽く、この時も毛の流れに逆らうように付けていきます。万が一の保険としてテンプレートがありますが、あまり豪快に塗らないように。

一通り隠したところで、眉山のあたりのポツポツした毛が目立たなくなりました!

眉マスカラで仕上げ

最後に、眉毛マスカラで毛の流れをキレイに整えていきます。ボサボサに伸びた状態の眉毛の流れを整えるだけで意外とキレイに見えるので、やっておくに越したことはありません。さらにトーンを明るくすることで、肌の色となじみやすく多少眉毛の輪郭からはみ出ても目立ちにくいと感じます。

色が足りないところなどにペンシルで付けたし、結構いい感じに仕上げることができたと思います。

左右を比べてみると、、、

差は歴然ですよね。左眉も同じようにメイクをしてみました。

結構苦労する点はあるものの、眉毛サロンに通うまでの辛抱だと思うと頑張れます。

なれるまでは大変かもしれませんが、これくらいのクオリティでも我慢できる方であれば是非トライしてみてください^^

どうしても眉毛を伸ばせない場合は、事前にサロンに相談を

今回お伝えしたコンシーラーで隠す方法は、既に実施されている方もいらっしゃるかと思いますが、安価で揃えられる道具をプラスすることで、よりきれいにボサボサ眉毛を隠せるという方法でした。

しかし、冒頭でもお伝えしたとおり、職業柄どうしても伸ばせない方等も多いと思います。その場合は、予約する前に気になるサロンに電話で確認してみてくださいね^^



関連記事
>>毛が少ないけど眉毛サロンに通ってもOK?
>>眉毛のアートメイクのメリット・デメリットは?
>>眉毛サロンはどこにある?サロン利用の目的や探し方

この記事を書いた人
サブ

アラサーOLのサブです。
美容・コスメが大好きで、お金をかけずにキレイになれないかを研究しています。「スキンケアは使い切って、オススメできるものだけ」をモットーに記事をかいています。

サブをフォローする
美容ネタ
サブをフォローする
コスメレビューブログ・サブMEMO

コメント

タイトルとURLをコピーしました